VIOライン脱毛

VIOライン脱毛器

VIOライン脱毛

脱毛をする場所として、最近多くの人が気になるといわれてるのがVIOライン。

VIOラインとは、デリケートゾーンを正面のビキニライン(Vライン)、陰部の両サイド(Iライン)、いわゆるお尻の肛門周り(Oライン)と、それぞれ3つに分けたものをさします。

 

VIOライン

 

かわいい水着や下着を着こなして決めたい!と思った時に、このVIOラインからむだ毛がはみ出ててショック!と感じた人もいることでしょう。

 

VIOラインの脱毛は、今までセルフケアが難しいとされていました。なぜならばVIOラインは身体の中でも敏感で繊細な場所。たとえばカミソリや毛抜きで処理しようとすると黒ずみの原因になることも。またこの場所は普段から下着のこすれや生理の影響で色素沈滞が起きやすい場所でもあります。もちろん一人で処理しようとするのは困難。そのためセルフケアするのはとても難しいところといわれており、そのため、従来では脱毛の技術に長けたエステの専売特許とされてきました。

 

でも、最近はそうでもないようです。

 

その理由は、家庭用脱毛器の進化にあります。
家庭用脱毛器と言えば「値段が高いのじゃないか?」「キレイに脱毛できるの?」といった不安があると思います。でも、最近の家庭用脱毛器の性能は飛躍的に進化してるのです。

 

近年、発売されている家庭用脱毛器の多くはエステと同じタイプの「IPL光脱毛」を採用。
IPL光脱毛とは、むだ毛のに光を照射し、むだ毛の元となる毛母細胞を破壊することによって、むだ毛の生えにくい状態を作り出すことが出来ます。この光脱毛を繰り返し行うことで、むだ毛を再生不可に近い状態にして、永久脱毛に近い状態をえることができます。
もちろんこの光脱毛はお肌にも優しいので、デリケートなVIOラインも対応可能です。

 

また家庭用脱毛器のなかには美顔機能を謳うところもあります。この美顔機能は、脱毛に使うIPL光を肌に照射し沈滞しているメラニン色素に当てることによって、黒ずみやしみ、色素沈滞、固くなった細胞を破壊して美白や美顔に近い効果を得ることができます。
エステと違って時間を拘束されることなく、自分のペースで脱毛を行うことができるのも大きいところ。

 

値段も昔にくらべて、だいぶ手に入りやすくなりました。

 

そのため最近では若い女性の間で、家庭用脱毛器を使って脱毛をしているひとが増えているとか。なかには友達や家族で使い回してる例もあるようです。
VIOラインはとてお気になるけど、ケアが難しいと思っていると思うのは時代遅れ。自分に合った方法でVIOラインをキレイにしていきましょう。

ラヴィについてもっと知りたい方はこちら

↓↓↓家庭用脱毛器 ラヴィ 公式サイト↓↓↓

VIOライン脱毛器