アンダーヘア 脱毛 セルフ

VIOライン脱毛器

アンダーヘア 脱毛 セルフ

まだまだカミソリで処理する方が多い

アンダーヘアのムダ毛処理は未だにカミソリで、Vラインだけ行っている方も多いです。
自己処理としては簡単ですし、気になった時にお風呂で行えば終了します。
全身のムダ毛もカミソリ、それもワキだけを行っている方も多いことでしょう。

セルフケアの危険性

できれば、体にはカミソリを当てないのが理想です。
カミソリは必ず皮膚の一部も削ります。
目に見えない傷ができ、出血はないですが、そこの皮膚の修復のためにメラニン色素が出て、肌が黒ずみます。

男性のひげそりで青髭になるのもこのためです。
アンダーヘアの場合、Vラインをカミソリがムダ毛処理してしまうことで、確実に肌を傷めています。
毛質が硬いアンダーヘアでOラインとiラインは、カミソリは使えません。

VIO除毛クリーム

肌がスベスベになって簡単クリームですが、肌に合わないとNG、IOラインができないものもあります。
また、自己処理方法として安全ですが、1本2本と残してしまう場合があります。
ブラジリアンワックスも良いですが、こちらもうまく剥がれずに、完璧ハイジニーナにならなくて、あとでカミソリを使う事態になるなど、思うようにいかないものです。
また、剃り残しなどは埋没毛の原因になり、アンダーヘアの肌を傷める原因になります。
毛先だけをそろえるのではなく、しっかり脱毛をしたいのなら、家庭用脱毛器がベストな選択です。

iラインができるかを確認

デリケートゾーン対応の家庭用脱毛器でもVラインまでというものが多いです。
IoラインはNGです。
皮膚が粘膜部分では、光は当たられないというのですが、IPL方式のものであれば、対応できるものもあります。
代表的な家庭用脱毛器のラヴィは、VIOラインすべてOKです。

カミソリなどのよう傷がつくこともなく、敏感肌用にもできています。
デリケートゾーン用はスリムカートリッジを使って、照射回数を調節しながら自分でできます。
鏡を使うとうまく行きますが、信頼できるパートナーに頼むのもありです(恥ずかしくなければ)。
この方が、肌にも刺激なく素早く脱毛が完了します。

人にやってもらうと言えば、IラインOラインだけではなく、背中の自己処理もお願いすると良いでしょう。
実はうぶ毛が多い背中の脱毛は自分だけで行うのは大変でキレイに仕上げることが難しいのです。

セルフでの限界

ツルツルのアンダーヘアにしたい、ioラインもということであれば、ラヴィがオススメです。
デリケートゾーンにも対応しますが、同じスリムカートリッジでは、顔の脱毛もできます、美顔カートリッジで美顔機能も搭載しています。
除毛剤が合わない、埋没毛ができやすい、カミソリは怖いけれど、きちんと脱毛をしたい方こそ家庭用脱毛器は満足の行く仕上がりが期待できます。

ラヴィについてもっと知りたい方はこちら

↓↓↓家庭用脱毛器 ラヴィ 公式サイト↓↓↓

VIOライン脱毛器