家庭用脱毛器 vioライン

VIOライン脱毛器

家庭用脱毛器 vioライン

VIOラインを家庭用脱毛器で行うためには

VIOラインと言ってピンと来る人来ない人がいます。
女性のデリケートゾーン、アンダーヘアというと、想像はつくことでしょう。
ムダ毛が多い部位で、Vラインだけなら多くの方が、自己処理経験がありますが、IOラインに関しては、モデルなどがエステで行うものとされています。

今やVIOライン脱毛は常識?

エステやクリニックでもVラインだけではなく、デリケートゾーンと言えばVIOセットです。
IOに関しては、肛門と女性器周りで、粘膜です。

簡単にできるものではなく、電気シェーバーでも限界です。
そこで、家庭用脱毛器がとても便利ですがVIOすべてをキレイにできるものは種類が少ないです。
ちなみに、VIOという言い方は違うかもしれませんが、最近では男性もデリケートゾーン脱毛は行われていることです。
格好だけではなく、毛がないことで衛生的と好評です。

家庭用脱毛器で自己処理

問題になるのは、IOラインが可能かどうかです。
IPL方式の脱毛器で、ラヴィのようにスリムカートリッジがあり、出力レベル調節が可能であれば、IOライン脱毛は成功します。
照射回数を考えて、痛みを考慮しながら行うのですが、自分でやるにはなかなか大変です。
サロンではやってもらうと数分の施術ですが、ここは時間をかけて焦らず実行してみて下さい。

安全性は大丈夫?

レーザー式と違いIPL方式は、照射レベルを強くしないことで、iゾーン、oゾーンに対する刺激はたいしたことがないです。
照射面積は大したないのですが、粘膜に当てる時間は極力少なくして下さい。
アンダーヘアーだけに反応はしますが、長い時間の照射はしないこと。
一回でうまくいかないときには、違う日に行うなど、照射回数は長くしないことです。
痛みもありますから、急激にしないことです。

あまり言われてないことですが、体調不良のときには絶対にしないことです。
これはVIOゾーンに限定してことではなく、体調と脱毛はとても関係が深いです。
急に体調を崩したり、あとで調子が悪くなってしまう、とても強い痛みを感じることになります。

状態をみて、基本的には短時間で行うことを考えて、VIOラインの自己処理をしてみて下さい。
毛質がかたい、毛量が多い方ほど時間はかかりますが、一度取り掛かって行くと段々と薄くなっていきます。
ライン脱毛の脱毛なら、美肌効果も期待できる光脱毛ですから、一回に長時間ではなく、短時間に何回も回数をしたとしても肌を傷めることはありません。
当然ですが、VIO脱毛後のケアは忘れずに。

ラヴィについてもっと知りたい方はこちら

↓↓↓家庭用脱毛器 ラヴィ 公式サイト↓↓↓

VIOライン脱毛器