家庭用脱毛機 vioライン

VIOライン脱毛器

家庭用脱毛機でもvioラインをキレイな形に!

vioラインの毛を手入れするのに、光を使用した家庭用脱毛器が近年人気です。 ケノン(新型ケノンCT)、トリア、Panasonic光エステ、ラヴィ、センスエピなどの商品がそれにあたります。
サロンやクリニックなどで採用されている光、IPL光などの特殊な光と同じ、あるいは医療レーザーに類似したレーザーを使っているため、自己処理でそれと似たような効果を得ることができるという画期的な商品です。

また、光を照射するカートリッジという部分をつけかえることにより、エステで受けられるフォトフェイシャルや、あるいは美顔器のように使うことができる機種もあります。
美顔カートリッジなどと名付けられていることが多いです。
その他、ほとんどが全身に使用することを前提に考えられているため、通常カートリッジの照射範囲は広めなのですが、アンダーヘアやデリケートゾーン、Oゾーンの処理がしやすいスリムカートリッジなどと呼称される照射面積のせまい交換カートリッジが存在する機種もあります。

ちなみに、カートリッジ交換式でない機種も存在します。
カートリッジは、照射レベルの設定にもよりますが、光の照射回数に限度がある消耗品です。
カートリッジ交換ができない機種の場合、必然的に使い捨てることになります。

しかし、何万発も必要ない、という人には朗報です。その分価格が安いからです。
ツルツルにしたいわけではなく、アンダーヘアーを薄くしたいなどの目的ならば、それで充分なこともあります。
もちろん毛量や毛質によって効果の出方に個人差があるので、言い切ることはできませんが、公式サイトの商品詳細ページや、口コミ、体験談などを参考にするとよいでしょう。

いずれも使い方は同じで、事前処理として電動シェーバーで除毛をした後、出力のレベルを設定し、ムダ毛の気になる部分の肌に光を照射するだけという簡単なものです。
毛の生えるサイクルである毛周期に合わせて繰り返し使用していくことにより、だんだん毛が薄く、弱くなってきます。

ちなみに事前におこなうムダ毛処理につかうシェーバーは、vio処理に特化したものを選んだほうがいいです。
特に女性特有の、粘膜の近いIゾーンはデリケートなので注意したほうがいいでしょう。
出力レベルは、最初は低く設定したほうが安心です。
出力レベルを上げると、痛みや熱感を感じやすくなるので、皮膚の薄いデリケートゾーン周辺にはおだやかな効果を求めると安全だとおもいます。

痛みや熱をもった感じは、光を照射したゾーンに都度、保冷剤をあてて冷やすことで軽減が可能です。
それぞれの商品に特徴があるので、購入の際は本体価格だけでなく、様々な観点から比較し検討することをおすすめします。
商品情報は公式ホームページを、効果については口コミやレビューを参照するとよいかもしれません。

ラヴィについてもっと知りたい方はこちら

↓↓↓家庭用脱毛器 ラヴィ 公式サイト↓↓↓

VIOライン脱毛器

家庭用脱毛機でもvioラインをキレイな形に!関連ページ

アンダーヘアのセルフ脱毛器の口コミ
アンダーヘアのセルフ脱毛器の口コミ。アンダーヘア(Vライン)、デリケートゾーン(Iライン)、肛門周りの毛(Oライン)の処理が自分でできる、家庭用脱毛器が人気です。光やレーザーを使用した機種のメリットは、サロンやクリニックで永久脱毛に使われているのと同じ機能を有しているということです
デリケートゾーンのヘア処理は自宅でこっそりと
デリケートゾーンのヘア処理は自宅でこっそりと。アンダーヘアやデリケートゾーン、Oラインの毛を処理したい場合、方法として真っ先に薦められがちなのは、脱毛ラボなどのサロンやクリニックで脱毛の施術を受けることです。そんな時に候補のひとつとなるのは、自宅で使える家庭用脱毛器です
アンダーヘア脱毛は自宅でセルフが恥ずかしくない
アンダーヘア脱毛は自宅でセルフが恥ずかしくない。アンダーヘアやデリケートゾーン、Oラインの脱毛をセルフでおこなう。VIO処理はとても女性的でプライベートなものなので、手入れの方法は結局のところ人によって最適なものやコツは違ってくるのでしょうが、一度自宅でできる光脱毛について調べてみて損はないはずです