アンダーヘア 脱毛 セルフ

VIOライン脱毛器

アンダーヘア脱毛は自宅でセルフが恥ずかしくない

アンダーヘアやデリケートゾーン、Oラインの脱毛をセルフでおこなうにあたり、選べる方法・ムダ毛処理アイテムはいくつかあります。 アンジェリカワックスなどのワックス、ブラジリアンワックス、パイナップル豆乳除毛クリームなどの除毛クリーム(VIO除毛クリーム)、シェーバー、ヒートカッター、抑毛ローションなどですね。

一番価格が安いのは、おそらくカミソリでしょうが、ただでさえ肌にダメージを与えやすいこの処理方法を、からだの中でも皮膚のうすい部分であるVIO処理につかうのはおすすめできません。
特に、鏡を使わないと処理できないIラインやOラインに鋭利な刃をあてることは危険を伴います。
では何が人気なのかといえば、今は家庭用の光脱毛器だと言って間違いないでしょう。

この商品の最大の特徴は、サロンやクリニックで永久脱毛の施術に使われる仕組みと同じものを採用しているということです。
ムダ毛に反応して熱を発する特殊な光を照射することにより、だんだんと毛を薄く弱くしていくことができます。
そして、将来的には自己処理の必要がないレベルまでもっていける可能性があるのです。

効果が比較的ゆるやかなので、Vラインの毛は薄くする程度で残し、IラインとOゾーンはツルツルに、といった照射回数によっての部位別の調整もききやすいとおもいます。
ちなみにトリアという製品は、美容クリニックで使われる医療用レーザーに近いレーザーを使用するものであり、効果の出方は比較的早いようです。
ただ、効果が強いということは一度に与えるダメージが大きいということでもあり、痛みは強い傾向にあるようですね。

事前処理としてシェーバーによる除毛が必要になるので、効果が出始めるまでは、生えてきた毛先がチクチクするようなこともあると思いますが、長い目で見ればのみこめるデメリットと言っていいでしょう。
もちろん、永続性がなくてもいいから即効性をというのならば、除毛クリーム使用が一番手軽でいいとは思います。
しかし、VIO除毛をこれから先もずっと繰り返していかなければならないと考えると、少し立ち止まって考えてみてもいいのではないかとも思います。

VIO処理はとても女性的でプライベートなものなので、手入れの方法は結局のところ人によって最適なものやコツは違ってくるのでしょうが、一度自宅でできる光脱毛について調べてみて損はないはずです。
自己処理の必要がなくなる可能性があるということは、すなわち埋没毛や毛嚢炎などのトラブルがおきる可能性をとても低くできるということでもありますし、それは結果的にデリケートゾーンにやさしい選択ではないでしょうか。

ラヴィについてもっと知りたい方はこちら

↓↓↓家庭用脱毛器 ラヴィ 公式サイト↓↓↓

VIOライン脱毛器

アンダーヘア脱毛は自宅でセルフが恥ずかしくない関連ページ

家庭用脱毛機でもvioラインをキレイな形に!
家庭用脱毛機でもvioラインをキレイな形に!光を使用した家庭用脱毛器が近年人気です。ケノン(新型ケノンCT)、トリア、Panasonic光エステ、ラヴィなどがそれにあたります。自己処理でサロンやクリニックと似たような効果を得ることができる画期的な商品です
アンダーヘアのセルフ脱毛器の口コミ
アンダーヘアのセルフ脱毛器の口コミ。アンダーヘア(Vライン)、デリケートゾーン(Iライン)、肛門周りの毛(Oライン)の処理が自分でできる、家庭用脱毛器が人気です。光やレーザーを使用した機種のメリットは、サロンやクリニックで永久脱毛に使われているのと同じ機能を有しているということです
デリケートゾーンのヘア処理は自宅でこっそりと
デリケートゾーンのヘア処理は自宅でこっそりと。アンダーヘアやデリケートゾーン、Oラインの毛を処理したい場合、方法として真っ先に薦められがちなのは、脱毛ラボなどのサロンやクリニックで脱毛の施術を受けることです。そんな時に候補のひとつとなるのは、自宅で使える家庭用脱毛器です