発毛サイクルと脱毛

VIOライン脱毛器

発毛サイクルと脱毛

脱毛をするときに頭に入れておきたいのが、「発毛サイクル」。

もちろん脱毛は1度やっただけでは効果を得られることができません。
むだ毛に限らずすべての毛には毛が生えてぬけおちるまでの毛周期といわれる発毛のサイクルがありあります。
一般的には毛周期のサイクルは2-3ヶ月だと言われています。

 

毛周期には成長期・退行期・休止期の3つの時期があります。
成長期は毛母細胞が活発に細胞分裂し成長している時期です。
皮膚の下にある毛母細胞が栄養を取り入れながら毛を伸ばし、皮膚の外まで伸びていきます。

 

退行期は毛母細胞の細胞分裂が低下する時期です。
毛母細胞は一定期間を経て細胞分裂を終わらせていきます。
この頃になると毛穴が萎縮し毛根が上に押し上げられます。

 

休止期は毛母細胞の細胞分裂がなくなった状態です。
この状態になると毛穴の中で浮き上がっているため、毛抜き等でも簡単に抜くことが出来ます。
毛周期は部位によって期間が異なってきます。
ワキの場合3〜5ヶ月、腕の場合3〜4ヶ月、ヒザ下の場合4〜5ヶ月、VIOラインの場合、毛周期は1〜2年とといわれています。

 

だから理想的な永久脱毛を行うには、この毛周期のサイクルにあわせていくのが一番なのです。
もしこの周期を無視して脱毛を無理に行うと、毛周期のサイクルが狂ってしまい脱毛に失敗する可能性があるのです。

 

脱毛をする際には成長期に脱毛しておくと脱毛効果が高いと言われています。
この時期ですとカミソリで剃ってもすぐにチクチクと毛が生えていくので、このチクチクしたむだ毛の毛母細胞を破壊するともう毛は生えてこないわけなのです。
逆に休止期には毛を抜いてもあまり効果はなく、成長期に入ったとたんまた毛が生えていきます。

 

VIOラインの場合、休止期は3〜6か月と長いので、脱毛を完了するにはこの休止期を避けるようにしていかないといけません。
よって脱毛するには最低でも4ヶ月のインターバルが要求されます。
4ヶ月というと最低でも2シーズンをまたぐ計算になりますね。

 

もちろんこの毛周期はひとによって個人差がありますので、その人にあった周期で脱毛をしなくてはいけません。
よって夏に理想的な脱毛を手に入れたいのなら、そのあたりも計算に入れた半年前の冬から始めるのがベストだといえるのです。
早め早めに脱毛を始めて、半年後には理想のつるつるなお肌を手に入れていきましょう!

ラヴィについてもっと知りたい方はこちら

↓↓↓家庭用脱毛器 ラヴィ 公式サイト↓↓↓

VIOライン脱毛器