家庭用脱毛器 デリケートゾーン vio ムダ毛

VIOライン脱毛器

家庭用脱毛器 デリケートゾーン vio ムダ毛

アンダーヘア(VIOライン)のムダ毛を自己処理したいと思った時に、普通はどうするのだろうか、と疑問に思う女性も少なくないと思います。 こればかりは個人差という他ないのですが、男性ウケを気にするのなら、Vラインの毛は形を整え自然に残し、IラインとOラインはツルツルにするといいかもしれませんね。

vioラインの毛を手入れする、つまりアンダーヘア処理をすることは不自然なことではなく、むしろエチケットとしてとらえられるようになってきているのですね。

サロンやクリニックでの施術におまかせするのも手のひとつですが、いかんせん価格が高いのがネックになります。
スタッフとはいえ、他人にデリケートゾーンを見せることにも抵抗がありますよね。
そんな時にぴったりの商品が、エステサロンや医療クリニックで使われるのと同じIPL光などの特殊な光を使用できる家庭用脱毛器です。

ケノン(新型ケノンCT)、ラヴィ、ツーピーエス、レイボーテなどがそれにあたります。
美容クリニックなどのそれよりも、家庭での使用が前提なので出力のレベルが抑えられており、求める効果がでるまで照射回数は多く要するかもしれませんが、肌には優しくなっています。

たとえば医療機関でおこなわれる医療用のレーザーをつかった方法は、効果が出るのは早いとされますが、強い痛みを伴うと感じる人が多いという意見もあります。
熱感を覚える程度のダメージで、ゆるやかに効果を得ていくというのは、メリットともデメリットともとれますが、自己処理方法として考えれば大きなメリットではないでしょうか。

サロンなみの効果を、期間は長引くかもしれませんが、自宅で自分ひとりで享受できるのですからね。
ちなみに、事前処理として必要になる電動シェーバーでのシェービングは、そういった専門施設でも必要です。
自分でやる場合、敏感なIOラインのためにIラインシェーバーなどの専用のシェーバーを用意することをおすすめします。

カミソリを使うことには注意が必要です。
皮膚がボツボツしてしまったり、毛嚢炎を起こしたり、色素沈着の原因になることもあるなど、肌トラブルを引き起こす可能性が非常に高いからです。

光を照射する部分はカートリッジと呼ばれ、カートリッジ交換ができるカートリッジ交換式のものとそうでないものがあります。
照射面積の狭いスリムカートリッジや、美顔エステ機能を有する美顔カートリッジなど、商品によって様々なカートリッジが用意されています。

それらはもともとセットになって、本体価格がイコールセット価格になっていることもありますが、オプション品として別料金が必要な場合もあります。

いずれにせよ、公式サイトをきちんと読むことがポイントですね。
ちなみに、キャンペーンなどで、オプション品が無料で付いてくるセットが提供されることもあるので、購入をそれほど急いでいないのならば、魅力的なキャンペーンが開始されるのを待ってみるのもひとつの方法です。

繊細な場所であるVIO部分をケアするものですから、よく考えて自分に合った商品を選びたいですよね。

ラヴィについてもっと知りたい方はこちら

↓↓↓家庭用脱毛器 ラヴィ 公式サイト↓↓↓

VIOライン脱毛器