家庭用脱毛器 デリケートゾーン vio ケノン

VIOライン脱毛器

家庭用脱毛器 デリケートゾーン vio ケノン

VIOラインの脱毛はサロンやクリニックに任せなければいけない、などということはありません。 家庭用脱毛器にも、エステサロンや美容クリニックで使用されるのと同じ、IPL光などの特殊な光を搭載した商品があり、同じような永久脱毛的効果を得ることが可能だからです。

商品によってはアンダーヘアの中でもVラインのみへの使用を推奨しているものもありますが、自己責任においてIライン(デリケートゾーン)やOライン(肛門周り)のムダ毛処理にそれを使用している女性も少なくありません。

処理能力がないというわけではないからですね。
ケノン、トリア、ラヴィ、などのメーカー品がそういった家庭用光脱毛器にあたります。
ちなみにレーザーを使用していると記載のある商品もありますが、これは医療機関で使われる医療レーザーに似た別のものです。

やり方は、まず毛を自己処理したい部分を電動シェーバーで処理することから始まります。
これは自分で処理するからというわけではなく、専門施設での施術でも同じ工程があります。
光を照射するフラッシュ・IPL方式などの方法は、ムダ毛に含まれるメラニン色素に反応し、そこに熱によるダメージを繰り返し、毛周期に合わせて与え続けることによって、毛質を弱らせ、毛量を弱らせる仕組みです。

なので、毛根に続くガイドとして毛の一部を残しておく必要があり、かつそれは短ければ短いほどよいので、シェーバーでの事前処理が必要になるのです。

vioラインにおいては、特にIOラインが粘膜部分が近く敏感な部分なので、専用のシェーバーを使うことをおすすめします。
肌へのダメージは最小限におさえたいですものね。

次に照射出力のレベル調節をして手入れをおこないます。
最初は一番低い照射レベルを選び、連射機能があったとしてもシングルショットを選択すると安心でしょう。
ムダだと言う人もいるかもしれませんが、初めから照射威力を求めて皮膚が炎症を起こす可能性を高めるよりは、徐々に自分に合ったレベルを見つけていくほうが堅実だと思われます。

痛みや熱感は、照射したあと保冷剤で冷却することによって軽減できます。
ちなみに光を照射する部位はカートリッジと呼ばれ、照射回数には限りのある消耗品です。
カートリッジ交換が可能なカートリッジ交換式の製品と、そうでないものがあるので、公式サイトのスペック欄をよく見てみてください。

本体価格が他の商品と比べて極端に安い場合、カートリッジ交換ができない使い捨てタイプの可能性が高いでしょう。
効果の出方に個人差があるのは家庭用脱毛器に限ったことではないので、口コミを参考にするのもいいと思います。
VIO処理自体だけでなく、アンダーヘア処理事情はとてもデリケートな話題ですから、こういう時にネットが役に立ちますね。

家庭用脱毛器で一番人気の商品ケノンの公式サイトはこちら

↓↓↓ケノン公式サイト↓↓↓

ラヴィについてもっと知りたい方はこちら

↓↓↓家庭用脱毛器 ラヴィ 公式サイト↓↓↓

VIOライン脱毛器