家庭用脱毛器 デリケートゾーン vio 処理

VIOライン脱毛器

家庭用脱毛器 デリケートゾーン vio 処理

家庭用脱毛器でアンダーヘア、最近の呼称を使うのならVIOライン(Vライン、Iライン、Oライン)を処理することは、女性としてそれほど珍しいことでもありません。
サロンやクリニックからのりかえたという人もいるほどです。
家庭用脱毛器には、エステサロンや美容クリニックで使われるものと同じIPL光などの特殊な光を搭載したものがあり、家庭用ということで出力は抑えられているものの、同じような効果を得ることができるからです。

そして、自宅で自分ひとりで処理ができるという気楽さは、照射回数が多くなることを補ってあまりあるメリットと考えられるでしょう。
その上、除毛クリームなどと違って、毛質や毛量の状態が処理を続けることにより変わっていき持続すること、毛の色素に反応する仕組み上、肌へのダメージが少ない点も魅力ですね。

ケノン(新型ケノンCT)、トリア、ラヴィ、ツーピーエス、レイボーテ、センスエピ、ヒカリエピなどが、そのような商品群となります。
ちなみにレーザーを採用したレーザー方式だとうたわれる商品もありますが、これは医療機関で使われる医療レーザーとは別のものなので注意してくださいね。

また、光を照射する部分であるカートリッジという部品は消耗品であり、カートリッジ交換が可能なカートリッジ交換式のものと、そうでないものがあります。
ツルツルの状態を目指したり、VIOだけでなくワキや腕、顔など全身に使用したい場合はカートリッジ交換式を購入したいところです。
簡単な見分け方としては、カートリッジ交換が不可能なタイプは、他の商品に比べて本体価格がとても安い、というのがポイントになります。

もちろん個々の目的に応じて選ぶことが大切なので、カートリッジ交換ができない製品を否定しているわけではありませんよ。
ちなみにカートリッジにも種類があり、iラインやoラインの処理に適したスリムカートリッジなどと呼ばれる照射面積のせまいものや、美肌効果の期待できる美顔エステ機能を有した美顔カートリッジなど、商品によって様々なものが存在します。

それらは無料でついてくることもあれば、オプションとして別途購入する必要がある場合もあります。
公式サイトでのキャンペーンで、オプション品を含む特別セット価格になっていることもあるので、公式サイトを見てみることはおすすめです。

レベル調節や使用可能箇所についても、公式サイトをしっかり見ておくとよいでしょう。
推奨されない使い方をしてトラブルに見舞われた場合、それは自己責任となってしまいます。
たとえばムダ毛処理の事前処理として、電動シェーバーによる除毛が必要ですが、IOラインなど敏感な箇所には専用のシェーバーの使用が推奨されます。

カミソリなどを使って肌トラブルが起きたとしても、それは自己責任になります。
また、口コミを参考に商品を選ぶことは賢い選択ではありますが、商品はマイナーチェンジを繰り返すものなので、投稿日時が新しいものを参照することを癖にするのがおすすめです。

旧式のレビューや評価がかんばしくなくても、最新式のそれはとても良い、ということもありますからね。
効果の出方には個人差があるものの、家庭用脱毛器は全体的に魅力的な商品だと思います。

ラヴィについてもっと知りたい方はこちら

↓↓↓家庭用脱毛器 ラヴィ 公式サイト↓↓↓

VIOライン脱毛器