家庭用脱毛器 デリケートゾーン vio アンダーヘア

VIOライン脱毛器

家庭用脱毛器 デリケートゾーン vio アンダーヘア

Vライン、Iライン、Oライン、またはそれら全てを指すVIOラインをまとめて自己処理できる家庭用脱毛器が今女性の間で人気となっています。

サロンやクリニックと同じ特殊な光(フラッシュ、IPL光など)を使用した処理ができるので、それらエステサロンや美容クリニックで受ける施術と同じような、照射回数を重ねるごとにだんだんと毛質・毛量を薄く弱くしていくことが可能となっています。

 

具体的な商品名を挙げると、ケノン(新型ケノンCT)、ラヴィ、トリア、レイボーテ、ツーピーエス、センスエピ、ヒカリエピなどがそれにあたりますね。
カートリッジという、光を照射する部分があるのですが、これは消耗品となるため、長く使うことを考えるのならカートリッジ交換が可能なカートリッジ交換式のタイプがおすすめです。

 

店での施術でも同じですが、毛周期に合わせて何度も照射して初めて効果が出るものですし、またvio処理だけでなくワキや顔など全身に使えることがほとんどです。
カートリッジ交換が不可能なタイプは本体価格が安いというメリットがありますが、ツルツルの状態にまで手入れしたいのなら、なおさらカートリッジ交換式のものをオススメします。

 

美顔エステ機能つきのものもありますし、目的に応じて選んでみてください。
vio自己処理には、スリムカートリッジのような照射範囲のせまいカートリッジが基本セットとして含まれているセットが良いかと思います。

 

気になる痛みの感じ方には個人差がありますが、痛みというよりは熱感を覚える人のほうが多いようです。
ちなみに、トリアはレーザー(医療レーザーとは違います)を採用しており、これは強い光なので、他の商品より痛みを感じやすいという口コミもあるようですね。
出力レベル(照射レベル)を下げたりする自分に合ったレベル調節、照射後に都度保冷剤で冷却するなどのポイントをおさえておけば、痛みや熱感などの負担・ダメージを軽減させることができます。

 

そのあたりは説明書や公式サイトを参考にするとよいでしょう。
光によるムダ毛処理をする事前処理として、電動シェーバーによるシェービングが必要になりますが、ビキニラインやIOラインは敏感な部位なので、Iラインシェーバーなどの専用のシェーバーを使うことをおすすめします。

 

間違ってもカミソリを使ってはいけません。毛嚢炎などの炎症を引き起こす可能性がとても高く、デリケートゾーンのような粘膜の近い繊細な場所では肌トラブルがさらに起きやすくなるでしょう。

 

毛の色素に反応して毛根部にダメージを与える処理方法なので、毛抜きなどで毛根から抜き去ってしまう事前処理はいけません。
ちなみに、アンダーヘアには使用可ですが、VIO部分全てに使うことができない場合もあります。
公式サイトや説明書に記述があるので、そのあたりをきちんと把握したうえで購入・使用をしましょう。

 

公式に推奨されていない使い方をする場合、万が一肌にトラブルがあったとしても自己責任となります。
家庭用の光脱毛器はメリットがとても多い商品なので、よく考えた上で是非購入してみてほしいものです。

ラヴィについてもっと知りたい方はこちら

↓↓↓家庭用脱毛器 ラヴィ 公式サイト↓↓↓

VIOライン脱毛器