vio 脱毛 前処理

VIOライン脱毛器

vio脱毛する時の前処理について

VIOラインの脱毛を考えた時に、銀座カラー、キレイモ、ミュゼなどのサロンや湘南美容外科などのクリニックで施術を受けることを考える女性は多いです。 今、VラインだけでなくIライン、Oラインの毛を処理することは、それほどまでに一般的になってきているのです。

しかし、いざ施術を受ける前に、事前処理としてシェービングが必要なことを知らない人は意外と多いようです。
そして、シェービングサービスをおこなっていない、あるいはシェービング料金が別途必要になる専門店もまた、意外と多いのです。
そのため、たとえVIOライン専門の脱毛サロンなどに通うことになっても、事前処理は自分でおこなわなければならないこともあります。
そう考えた時に、家庭用の光脱毛器の使用を考えることは自然かもしれません。

家庭用光脱毛器は、エステサロンや美容クリニックで実際に使用されているのと同じ光を採用し、それを照射することでムダ毛をだんだんなくしていく方法をとります。
一般人でも安心して扱えるように出力の上限は抑えられていますが、仕組み自体は専門店での施術と同じです。
事前処理を含む基本的な手順も同じです。
医療レーザーに近いレーザーを採用した機種もあります。

前処理を自分でやらなければいけないのなら、そのあとのことも自分でケアできたなら、メリットはたくさんあるでしょう。
スタッフにアンダーヘアやデリケートゾーンなどのプライベートな部位を見せる必要がなくなりますし、店に通う手間もはぶけます。
ちなみに、シェービングには電気シェーバーを使うのがおすすめです。
ボディ用のシェーバーではなく、IOライン専用など、VIO用に特化したデリケートゾーン用の電動シェーバーを使うことが望ましいです。
肌への負担が少ないですし、粘膜の近いIラインの部分にも安心ですからね。

カミソリでの処理はおすすめしません。皮膚へのダメージが大きく、埋没毛や毛嚢炎といった肌トラブルの確率が高くなる危険性があります。
ちなみに、光脱毛は光の照射によって毛根にダメージを与えることが大切なので、毛抜きなどで毛を根元から抜き去る事前処理をしてはいけません。
家庭用光脱毛器はvioラインだけでなく全身に使えることがほとんどなので、全身脱毛が自分でできてしまうこともうれしいですね。
顔や背中は、それぞれ専用のシェーバーでの前処理が望ましいですが、そのあたりはVIOラインよりは神経質にならなくてもよいかもしれません。

女性ならば、既に顔用のシェーバーをもっていることも少なくありませんしね。
毛周期に合わせての処理も、自分で手入れをするのなら、無駄なくおこないやすいです。
エステサロンなどを利用する場合、希望日時に予約がとれないなどして、効率的に施術を受けることが難しい場合もあります。

急用で行けなくなってしまったとしたら予約の入れ直しになりますし、キャンセル料を請求されることもあるでしょう。
そういった意味でも、今、家庭用脱毛器は人気なのです。
公式サイトや口コミなど、情報を比較検討し、自分にぴったりの商品をみつけられるといいですね。

ラヴィについてもっと知りたい方はこちら

↓↓↓家庭用脱毛器 ラヴィ 公式サイト↓↓↓

VIOライン脱毛器