vio 脱毛 自己処理

VIOライン脱毛器

vioラインの脱毛 自己処理

VIOラインの毛を家庭用光脱毛器を使って自己処理することは、キレイモや銀座カラーなどのサロンやクリニックで光脱毛の施術を受けることに比べ、どのようなメリットがあるのでしょうか。 事前処理に電気シェーバーでのシェービングが必要なことを始め、基本的な脱毛方法の手順は双方同じです。

エステサロンや美容クリニックでは、シェービングサービスがある場合もありますが、アンダーヘアやデリケートゾーンの場合、自分で事前シェービングをおこなうよう言われることも多いです。
特に料金の安さを売りにしている脱毛サロンの場合、VIO事情に関わらずシェービングのサービスはおこなっていないことがほとんどですね。
シェービング代を別途とられることもあります。

こう考えると、お店に通うにしても自分でムダ毛の事前処理をせねばならず、それならば人にも見られず自分の好きなタイミングで手入れができる家庭用脱毛器の使用のほうがいい、と思う場合も多いでしょう。
ちなみに、毛を剃るにあたり、カミソリの使用は避けたほうが賢明です。
シェーバーも、ボディ用のものではなく、Iライン、IOライン専用などの、特化したシェーバーを使うことをおすすめします。

Vラインもそうですが、特にデリケートゾーンとも呼ばれるIラインは、その言葉通り皮膚が薄く敏感で、粘膜の部分が近いため、専用の商品を使うことが好ましいのです。
肌や毛穴に負担をかけることによって起こりやすくなる、埋没毛や毛嚢炎といった肌トラブルの可能性を低くするためにも、重視したいことです。
ちなみに、Vラインは毛量を少なくしたり毛質をやわらかくする、もしくは形を整えるだけで、iラインとOラインはツルツルにしたいなど、一口にvio部分をケアすると言っても、ハイジニーナで全てをツルツルにしたい女性ばかりではありません。

家庭用脱毛器の場合、一般人でも安心して使えるように出力のレベルがあらかじめ控えめになっています。
これは一回あたりの効果の出方が少ない、ととることもできますが、逆に調整をしやすい、ととることもできます。
特に、完全に無毛の状態にしたいわけではない場合、これはメリットととらえても良いでしょう。

それに、家庭用脱毛器は完全にVIO用であることは少なく、そのほとんどが全身に使うことができます。
つまり、家庭で全身脱毛もできてしまうということです。
これは大きな利点ですよね。

機種にもよりますが、顔のムダ毛を手入れできるものもあります。
ちなみに、この場合の事前処理は顔用電気シェーバーを使ったほうがいいですね。
一番初めの投資は大きいと感じられるかもしれませんが、長い目で見れば家庭用脱毛器を選ぶことはメリットが多いと言っていいでしょう。
様々な情報を参考に、自分にあった商品を選べるといいですね。

ラヴィについてもっと知りたい方はこちら

↓↓↓家庭用脱毛器 ラヴィ 公式サイト↓↓↓

VIOライン脱毛器