vio 脱毛 痛い

VIOライン脱毛器

vioラインの脱毛は痛い?

VIOラインの自己処理を家庭用の光脱毛器で考えた時、気になることのひとつに痛みがあると思います。 特にVラインに比べてIラインは皮膚が薄く敏感ですし、Oラインは自分の目で直接見ることが不可能という不安もあるでしょう。
湘南美容外科などのクリニックでは、ミュゼなどのサロン(エステサロンや脱毛サロン)で使うことのできない医療レーザーという脱毛効果の高い光を使用した脱毛の施術が行われますが、その際、麻酔クリームや笑気麻酔などによる効果を利用することも実際にあります。

ちなみに、お酒を飲む人は麻酔が効きにくいと言われますが、それほど極端な違いはないので、逆に気にしすぎて緊張するほうが、麻酔の効きを悪くするそうです。
家庭用脱毛器が採用しているのは、医療機関で使われる医療レーザーよりもはるかに出力のレベルが低い、フラッシュ脱毛などと呼ばれる種類の光です。
中にはレーザーを採用している商品もありますが、前述した光より効果は強いものの、医療用レーザーとは別のものです。
VIO部分は敏感ですが、痛みや熱感の感じ方には人によって個人差があります。

しかし、保冷剤で冷やしながら光の照射をおこなうことで、痛み対策・痛み軽減が図れます。
こうすることで、メラニン色素に反応して毛だけにダメージを与える仕組みのため、もともと少ない肌への負担をさらに軽減することができ、おすすめです。
説明書にも記載があると思います。

痛みに関して言うと、ブラジリアンワックスなどのワックスを使った脱毛方法のほうが、刺激が強いでしょう。
体験談や方法を読めば分かると思いますが、ワックス脱毛は、簡単に言えば毛を無理やり引っ張って抜くことで脱毛を実現します。
すぐ効果が出ることがメリットですが、光を使った脱毛と違い、回数を重ねるごとに毛質や毛量が薄く少なくなることはなく、毛穴に負担がかかるため、埋没毛などの肌トラブルの確率があがります。

それに比べれば、家庭用光脱毛器による処理は、痛みがほとんどないと言っても過言ではないでしょう。
使い続ければツルツルの状態にすることも不可能ではありませんし、キャンペーンを利用すれば本体を安く購入したり、オプション品が無料になることもあります。
美容外科の予約日に急に生理が来て施術が受けられなくなったり、希望日に予約がとれないなど、定期的なケアが思うようにできないことも、自宅おこなうのなら自分でタイミングを決められるので心配いりません。

ハイジニーナだけでなく、全身に使える機種がほとんどのため、全身脱毛にも使えます。気になるワキも手入れできますね。
敏感肌など、肌質による制限も、照射レベルを抑えるなどして対応できる場合があります。
デリケートゾーンに使用する商品ですから、公式サイトの他、口コミなどを参考に、納得のいく脱毛器を選べるといいと思います。

ラヴィについてもっと知りたい方はこちら

↓↓↓家庭用脱毛器 ラヴィ 公式サイト↓↓↓

VIOライン脱毛器