自宅 脱毛器 vio

VIOライン脱毛器

自宅で使える脱毛器でvio処理

自宅でvioを処理したい、そんな時におすすめなのが、家庭用の光脱毛器です。 ケノン、トリア、ラヴィ、光エステなどの商品ですね。
これらの商品の特徴は、サロンやクリニックで使用されるIPL光などの特殊な光、医療レーザーに似たレーザーを用いてムダ毛を処理していくことができる点で、使い続けるほどに毛量や毛質を少なく、弱らせていくことができます。

簡単に言ってしまえば、エステサロンや美容クリニックで受けるような施術を、家庭で自分でできてしまうということです。
もちろん一般人でも使用できるように出力のレベルは控えめとなっているので、VIOラインのようなデリケートなゾーンへの使用も、説明書に沿って使えば安心です。

ちなみに、公式サイトを見ると商品詳細情報が載っているのですが、そこでアンダーヘア(Vライン)への使用が推奨されていても、デリケートゾーン(Iライン)や肛門周りの毛(Oライン)への使用が推奨されていないこともあるので注意して見てみてくださいね。
照射レベルが抑えられているということで、脱毛完了までの照射回数はおのずと店での施術より多くなるのですが、その分肌にやさしいですし、ツルツルとまでいかなくてもよく、減毛したいだけなど、望む効果を実現しやすいのはメリットと考えてよいとおもいます。

光を照射するのはカートリッジという部分なのですが、デリケートゾーン用に照射面積のせまいカートリッジが用意されていたり、美顔用カートリッジなどのエステ効果のあるカートリッジが用意されていることもあるので、利便性が高いです。
ちなみに、本体価格が他の機種と比べて明らかに安い場合、交換用カートリッジがないことがあります。

つまり、カートリッジが交換できないということです。
カートリッジは消耗品なので、その場合は本体ごと買い替えることになります。
少しムダ毛を薄くする処理方法でよいというのなら、そちらを選ぶと賢いかもしれませんね。

しかし、毛周期の関係でどうしても残り毛が出る可能性は否定できないので、交換式の商品を選んでおくほうが安心だとは思います。
また、事前処理として電動シェーバーでのシェービングが必要になりますが、この時IOライン用などのそういった部位に特化したシェーバーを選んでください。

いずれ自己処理の必要がなくなるかもしれない方法とはいえ、皮膚に負担をかけないにこしたことはありません。
ムダ毛用のケア商品にはいくつも種類がありますが、長い目でみれば家庭用の光脱毛器はとてもすぐれたムダ毛処理の方法だと言って過言ではないでしょう。
口コミや体験談、公式サイトの情報などを参考に、まずは調べるところから始めてみても損はないと思います。

ラヴィについてもっと知りたい方はこちら

↓↓↓家庭用脱毛器 ラヴィ 公式サイト↓↓↓

VIOライン脱毛器