デリケートゾーン 毛 自己処理

VIOライン脱毛器

デリケートゾーンの毛を自己処理

アンダーヘア(Vライン)やデリケートゾーン(Iライン)、肛門周りの毛(Oライン)の処理は、女性にとって重要な悩みでしょう。 これらを総称してVIOラインと呼びますが、それらすべてをツルツルの状態にするハイジニーナも徐々に浸透してきているほどです。

陰部の皮膚は薄くデリケートであり、特にIラインは粘膜も近いため、自己処理は比較的難しい部分でしょう。
カミソリでの処理は絶対に避けてほしいところです。
形も入り組んでいますし、流血沙汰になってしまう可能性も否定できません。
手軽な方法としては除毛効果のあるVIO用のクリームがおすすめされることもありますが、効果は一過性であり、手入れはずっと継続して続けなければならないでしょう。

かといってエステを行うキレイモなどのサロンやクリニックなどの専門店で施術を受けることには抵抗がある、という人も多いと思います。
料金もそうですし、人にVIOラインを見せるというのは、それがたとえスタッフ相手だとしても恥ずかしいのは不思議なことではありません。

そんな人々に人気なのは、家庭用の光脱毛器です。
エステサロンや美容クリニックで永久脱毛に使用される光、医療レーザーに近いレーザーを取り入れた画期的な商品で、自宅でも永久脱毛のような効果を得られると評判なのです。

使い続けるごとにヘアがうすくよわくなっていきますから、将来的には自己処理の必要もなくなってくるでしょう。
もちろん毛量や毛質によって効果の出方に個人差はあるのですが、効果が全くでないという口コミや体験談はほとんど見られません。
見られたとしても、使用期間が短かったり、光脱毛器ではない脱毛器を購入していたりと、何かしら事情が垣間見られます。

家庭用というだけあって、一般人でも使いやすいように光のレベルが控えめになっており、おのずと脱毛完了までの回数がたくさんいるので、形を整えたりムダ毛を薄くする程度にとどめたりと、調整がききやすくなっているとおもいます。

Vラインは薄く、iラインとOラインは無毛に、などの調整ですね。
もちろんこれはお店での施術でもできることですが、これが自分でできるというのはかなり大きなメリットでしょう。
ヘアサイクルに合わせた手入れも、自宅で行えるので遂行しやすいですし、全身に使うこともできる機種がほとんどという嬉しい点もあります。

ちなみに、事前処理として電気シェーバーでのシェービングが必要になりますが、これも専門店での事前処理方法とおなじです。
敏感な肌に負担をかけないよう、IOラインあたりの範囲に特化したシェーバーを選ぶのが理想的です。
購入の際は、公式サイトの商品詳細ページやレビューなどを参考にした上で、納得がいくまで考えてからにすると失敗がないとおもいますよ。

ラヴィについてもっと知りたい方はこちら

↓↓↓家庭用脱毛器 ラヴィ 公式サイト↓↓↓

VIOライン脱毛器