iライン 脱毛

VIOライン脱毛器

iライン 脱毛

アンダーヘア(vライン)やデリケートゾーン(iライン)、肛門周りの毛(Oライン)、総称してVIOライン、VIOゾーンなどと言いますが、この陰部のムダ毛の処理方法についてお悩みの女性は多いでしょう。 キレイモやミュゼ(ミュゼプラチナム)などのサロンやクリニックで施術を受けるのが一般的になりつつありますが、抵抗感をもつ人も多いでしょう。

一昔前は料金の高さがネックとなっていた専門サロンや美容クリニックでの手入れですが、近年はキャンペーンやコースが充実するなどして、比較的リーズナブルに店を利用することができます。
しかし、予約をしたい日に予約ができなかったり、当日急に生理になってしまっていけなくなったりと、定期的に通うことが難しい場合があるのがデメリットであることに変わりはありません。
そんな時、人気でおすすめされるのが家庭用の光脱毛器です。

自己処理の方法のひとつですが、メリットはエステサロンやクリニックで使われる光と同じものを使用した機器だということです。
各機種の公式ページを見るとその仕組みが分かるかとおもいますが、すぐれた脱毛の効果を得ることができると納得できることでしょう。
電動シェーバーでの事前処理が必要な点や、使い続けるほどにだんだんと効果が実感できる点もそういった店での施術と同じです。

一般人が扱えるように出力が抑えられているので、むしろ痛みや熱感は専門店での施術より軽いでしょう。
出力が抑えられているということは、希望の効果を実感するまでに時間がかかるということでもありますが、それは裏を返せば色々な調整がしやすいということです。

たとえば、形を整える部分と、ツルツルの状態を目指す部分、毛量を少なくしたり毛質を薄くしたりするにとどめる部位など、自分で選択していくことができますよね。
男性によってはハイジニーナというVIO全てが無毛の状態に抵抗を抱く人もいるので、そのあたりを気にするのならば、彼氏やパートナーがどういうタイプかによって調整具合を決めてもいいとおもいます。

粘膜部分が近いIラインも、vio処理が可能とされる光脱毛器ならば安心です。
ほとんどのそれらが全身にも使えるので、全身脱毛もできてしまいます。

ちなみに、事前処理で使うシェーバーは、VIOに特化したものを選ぶことをおすすめします。
粘膜が近いこともそうですし、陰唇のあたりは皮膚が薄くデリケートな部分ですから、専用の商品を使うことが望ましいです。
効果の出方には個人差がありますが、実は光を使った脱毛は、毛が太く濃いほど効果を早く実感しやすいとも言わることがあるのですよ。

それは光が反応する範囲など、ある程度しっかりした理由に基づく推測で、ただの噂ではありません。
デリケートな箇所に使用する商品なので、購入の際は口コミや体験談などをチェックして、自分に合った商品を見つけられるとよいと思います。

ラヴィについてもっと知りたい方はこちら

↓↓↓家庭用脱毛器 ラヴィ 公式サイト↓↓↓

VIOライン脱毛器