家庭用脱毛器 デリケートゾーン

VIOライン脱毛器

家庭用脱毛器 デリケートゾーン

アンダーヘアやデリケートゾーン、肛門周りの毛を処理するための選択肢として、家庭用脱毛器が挙げられます。 もちろん、エステをおこなうサロンや新宿クレアクリニックのようなクリニックで施術を受けてもいいのですが、皆がそうできるわけではありませんよね。

恥ずかしさがあったり、単純に店に通う時間が取りづらかったりなど、様々な事情があると思います。
そこで家庭用脱毛器の出番というわけです。
最近はやっているのは、光を使用したタイプの家庭用脱毛器で、ケノン(新型ケノンCT)、パナソニック光エステ、ラヴィ、トリアなどがそれにあたります。

これらのおすすめポイントは、なんといってもエステサロンや美容クリニックで永久脱毛に使われる光(IPL光など)と同じ、または医療レーザーと似たようなレーザーを採用しているということでしょう。
つまり、自宅での自己処理で、エステ級の脱毛効果を得ることができる可能性があるわけです。
もちろん一般人が使用するために出力が抑えられているため、完全に同じ効果を得られるとは言えませんが、光の照射回数を重ねることによってツルツルの状態にもっていくことも不可能ではありません。

回数がかかると聞くとネガティブな印象をもつかもしれませんが、それは毛量や毛質を好みの状態に調節しやすいということでもあります。
たとえば、VIOラインを手入れすると一口に言っても、Vラインは減毛、IラインとOラインは無毛に、もしくはいかにもvio処理をしていますという状態には抵抗があるので、IラインOラインにも程よく毛を残したいという女性もいるでしょう。

そういった細かいレベルを求められるところが強みではあります。
ムダ毛処理には肌トラブルがどうしてもついてまわるものですが、電動シェーバーでの事前処理は比較的負担が少ないですし、そのあと光を照射すれば、だんだんと自己処理の必要がなくなるので、とても良いサイクルだとおもいます。

ちなみにシェーバーは、Iラインシェーバーなどのvio自己処理に特化した商品を選ぶのがおすすめです。
カミソリなどでおこなっては、特に粘膜が近く肌が敏感なIラインは危険ですので注意しましょう。
照射範囲のせまいカートリッジが用意されている機種だと、処理が楽ですね。

ちなみに、カートリッジとは光を照射する部分のことです。
カートリッジは消耗品ですが、取り替えられない機種もあるので、本体の価格だけを見るのではなく、商品詳細ページで商品情報を確認するようにしましょう。

全身に使用できることもメリットのひとつです。
脱毛サロンやクリニックから乗り換えた人もいるのだそうですよ。
口コミや体験談などを参考に、自分にぴったりの処理方法を見つけられ、購入できるといいですね。

ラヴィについてもっと知りたい方はこちら

↓↓↓家庭用脱毛器 ラヴィ 公式サイト↓↓↓

VIOライン脱毛器