家庭用脱毛器 vio やり方

VIOライン脱毛器

家庭用脱毛器 vio やり方

家庭用脱毛器は、自宅で毛の自己処理をしたい女性のつよい味方です。 近年VIOラインのムダ毛処理がエチケットと認識されつつあるのもあいまって、アンダーヘア、デリケートゾーン、お尻の穴周りの毛をセットで処理したいという人も増えています。

そんな家庭用脱毛器には、ケノン(新型ケノンCT)やラヴィなど様々な商品・機種がありますが、その商品詳細ページや説明書を見て、首をかしげた人もいることでしょう。
口コミやレビューでVライン、Iライン、Oラインに使用したような記述があるのに、公式サイトなどにはデリケートゾーンには使用を推奨しないと書かれていることがあるからです。

それは、脱毛効果がないからではなく、何かあった時に責任がとれないからです。
特にiラインは粘膜が近く、肌もとてもデリケートですしね。
もちろん、公式にVIOゾーンへの使用を認めている商品もあるので、自己責任での使用でなくそちらを選んだほうが賢明ではあると思います。
ちなみに、前述した家庭用脱毛器は光を使って毛を処理する仕組みをとっています。

その光はサロンやクリニックでつかわれるIPL光(IPL方式)などと同じもので、つまりはエステサロンや美容クリニックの施術と同じような効果を得られるというわけなのです。
ツルツルの状態を目指すことも夢ではありません。
使い方も、そういった施設での施術と同じです。

まずは電動シェーバーでVライン、Iライン、Oラインの毛を除毛します。
この時IOライン専用のシェーバーをつかった処理方法をおすすめします。
カミソリでの処理はトラブルのもとです。
事前処理が済んだら、ハンドピースのカートリッジから、毛を処理したい部分の肌に向けて光を照射します。

カートリッジには照射面積のせまいものもあるので、そういったものが用意されている機種ならば、場所に応じてカートリッジを変えましょう。
照射レベルは一番弱いものからスタートしたほうがよいです。
照射のレベルを上げれば効果は早く出やすいですが、その分痛みや熱感を感じる確率が上がります。

それらは保冷材で冷却することにより和らげることができますが、最初は一番弱い出力でおこなったほうがいいでしょう。
ちなみに、美顔カートリッジなどと呼ばれる美顔機能をもったカートリッジが用意されている機種もあるので、脱毛効果だけでなく、エステの美容施術のような効果を期待することもできます。

全身に使うこともできるので、全身脱毛も夢ではありません。
アンダーヘア処理の事情は様々ですが、長い目で見れば、自己処理方法に悩まなくて済む可能性の高い家庭用脱毛器を選ぶのは賢い選択でしょう。
毛質や毛量など、人によって効果に個人差はありますが、検討してみて損はないと思います。

ラヴィについてもっと知りたい方はこちら

↓↓↓家庭用脱毛器 ラヴィ 公式サイト↓↓↓

VIOライン脱毛器