デリケートゾーンのケア

VIOライン脱毛器

デリケートゾーンのケア

デリケートゾーンは、黒ずみやムレ、ニオイなど、があるからとても気になる箇所。でもどうやって処理すればいいの?

 

ここではデリケートゾーンのお手入れをVIOゾーンそれぞれについて解説していきましょう。

 

ビキニライン

まず簡単なのがVラインのケア。いわゆるビキニラインともいいますね。
まずははさみで長くなったところをカットして短めにしちゃいます。このカットをしないで脱毛処理するとラインが崩れやすくなるだけでなく、黒ずみや色素沈滞原因になってしまうことがあるので、まずはカット。
その際には肌を切らないように理想のVラインを思い浮かべながら丁寧に切っていきましょう。できればVラインの端は短く多い中心部はそこそこ長く。
これだけでも感じが変わっていきます。
その後で毛を残したくない部分をカミソリや毛抜き、脱毛器などで除毛していくと理想的なVラインを作り出すことが出来ます。

Iライン

Iラインはすべて脱毛でつるつる!というひとと指1本の感覚で自然なスタイルで残すという人が半々とか。
ブラジリアンワックスなどのして、自然なラインは残して、本数を減らしたほうが下着の摩擦の関係で黒ずみがおこりにくいのでわざと残す人もいるようです。ただ、光脱毛とワックス・毛抜きの併用は禁物。どういうIラインにしたいのかをまずきめて、自分に合った脱毛法を決めるようにしたいところです。

 

Oライン

またOラインは日本人の場合無毛で処理が必要ない人も居ますが、油断は禁物。ここはしっかりと脱毛したいところですね。
IラインやOラインをするときは、恥ずかしがらずに鏡をみてしっかりと処理したい部分を確認して脱毛を行うことが大事です。お尻のお肉や皮膚をひっぱりながら、大事なところはなるべく隠しつつ、手早く脱毛していくのがポイントです。リラックスしてやっていくのが意外と早くおわるコツかも。
脱毛が終わったら、10分くらい冷やしたあと、ローションや美容液でアフターケアをすることも忘れずに。

 

どの方法でも一回で脱毛はまず無理と思って下さい。むだ毛にも毛周期というサイクルがあるのでそのサイクルにあわせて脱毛していくことが大事。目安としては1?2週間沖に行うのがいいといわれています。また生理中やその直前も脱毛の痛みを強く感じるひとがおおいので、避けた方がいいかもしれません。
どの箇所も丁寧に慎重に、がデリケートゾーンのお手入れの鉄則。この鉄則を頭に入れて、キレイなカラダを手に入れていきましょう!

ラヴィについてもっと知りたい方はこちら

↓↓↓家庭用脱毛器 ラヴィ 公式サイト↓↓↓

VIOライン脱毛器