脱毛器VIO デリケートゾーン

VIOライン脱毛器

脱毛器VIO デリケートゾーン

VIOライン、またはVIOは、アンダーヘア(Vライン)、デリケートゾーン(Iライン)、肛門周り(Oライン)の総称です。 こういったデリケートゾーン周辺の毛をまとめて処理する女性が増えたからこそ生まれた言葉と言っても間違いではないでしょう。

サロンやクリニックでも、VIOをまとめて手入れすることを目玉としたキャンペーンやコースが盛んに宣伝されています。
これは家庭用の脱毛器においても同じです。
今や家庭で使う脱毛器でさえも、エステサロンや美容クリニックと同じように、IPL光などの特殊な光を照射することによって脱毛をおこなうことができるようになっており、そしてそれをVIOに使用することもできるということです。

もちろん自宅で一般人が使うことが前提ですから、出力のレベルは専門の店舗で使われるそれよりは抑えめに設定されてはいるものの、使い続けるとだんだん毛量が減り、毛質が弱くなってくるという特徴は変わりません。

具体的な商品名を挙げるのなら、ラヴィ、ケノン(新型ケノンCT)、トリア、ツーピーエス、レイボーテなどになるでしょうね。
家庭用ならではの、誰にも知られずひとりで自己処理ができるという点にくわえ、除毛クリームなどと違って、将来的には自己処理の必要がなくなり、ツルツルの状態にもっていくことが夢ではないというのが最大のポイントでありメリットだと思います。

また、VIO部分だけでなく全身のケアに使えたり、エステでおこなうような美顔ケアができたりすることも人気の理由と言えるでしょう。
使い方は簡単で、まずムダ毛の処理をしたい部分を電動シェーバーでシェービングし、照射レベルを選んで、実際に照射していくという流れになります。

シェービングについては、店で施術を受ける場合もしなければ事前処理で、特別なことではありません。
アンダーヘア用・デリケートゾーン用のシェーバーを使い、なるべく肌の負担を減らしましょう。
特にデリケートゾーンであるIラインは粘膜も近く敏感なので、注意が必要です。
また、口コミなどを参照すると、IOラインは自己責任で、などといった記述がよく見られますが、これは公式サイトでVライン以外の陰部への使用が推奨されていないことに起因します。

今のところラヴィだけは、公式サイトでvio処理に使えると推奨されているので、vio自己処理にあたり安全性を考えればラヴィ一択かと思います。
本体の価格やカートリッジの最大照射回数を気にするのもよいことではありますが、メーカー側で想定された使い方に沿って使用するというのは、ダメージの可能性をさける意味でとても大切なことではないでしょうか。

アンダーヘアーだけを処理したいのであれば、他の商品も検討したほうがいいかと思いますが、IOラインの処理、デリケートゾーンの処理が一番重要だと考えるのなら、説明書や公式サイトで、
そこに使ってもいいのだと記載がある商品を購入するのが賢明かと思われます。

ラヴィについてもっと知りたい方はこちら

↓↓↓家庭用脱毛器 ラヴィ 公式サイト↓↓↓

VIOライン脱毛器