脱毛器VIO ムダ毛

VIOライン脱毛器

脱毛器VIO ムダ毛

アンダーヘア、デリケートゾーン、肛門周りの部位をまとめてVIOと呼びますが、このVIOのムダ毛を処理したいと思う女性は年々増えているそうです。 Vラインの自己処理は以前からおこなう人が多くなじみがあるかもしれませんが、IラインやOラインとなると、未知の領域という感覚をもつ人も少なくないでしょう。

IOラインの部分は目で直接見ることができず、鏡を使用しなければなりませんし、それでいて彼氏やパートナーからはよく見え、男性ウケを左右しかねない厄介な部分でもあります。
そんなVIOの毛をまとめて処理するとなると、エステや脱毛をおこなうサロンや美容クリニックでの施術を考えることがもしかしたら一般的かもしれません。

光や、クリニックにおいてはその一種でより強い効果をもつレーザーを使い、ムダ毛の永久脱毛がおこなえるからです。
ですが、デメリットもあります。
単純に恥ずかしさと気持ちの問題もあるでしょうし、仕事などの事情で定期的にそういった専門の場所へ通うことが難しい人もいるでしょう。

光によるムダ毛の手入れは、毛周期に合わせて定期的に何回も照射回数を重ねていく必要があります。
VIOラインという箇所の特性上、もし予約を入れた日に急に生理になってしまったら施術が受けられず効率的なケアができませんし、キャンセル料が発生するかもしれません。
そんな時におすすめしたいのが、家庭用の脱毛器です。

脱毛と言っても、ただ毛抜きのように毛を抜くのではなく、前述した店で受ける施術のように、IPL光などの特殊な光を使用したタイプの脱毛器が人気なのです。
家庭での使用が前提なので出力のレベルは控えめですが、照射を繰り返すことでツルツルの状態を目指すことも夢ではありません。
また、vioラインだけでなく全身に使うこともできることもメリットのひとつですね。

そんな光を採用した家庭用の脱毛器には、ラヴィ、ケノン(新型ケノンCT)、トリア、ツーピーエスなどがあります。
どれも基本的な使い方は同じです。
自己処理をおこないたい部分を事前に電動シェーバーでシェービングし、照射面積に合わせてカートリッジの形や、照射レベルを選んで処理していきます。

VIOラインなので、アンダーヘア用、デリケートゾーン用のシェーバーを使うようにしてくださいね。
間違ってもカミソリは使用しないでください。炎症など肌トラブルの可能性が非常に高いです。

アンダーヘア処理における自己処理方法として、家庭用ならではの利点・自宅で誰にも見られず処理できることと、気持ちや時間のやりくりなどの負担も少なく、毛量や毛室によって効果の出方に個人差があるとはいえ、将来的に永久脱毛に近い効果を得られるというのはとても大きなポイントだと思います。

ちなみに、先に挙げた具体的な商品は、どれも、VIO処理に使える、と口コミで話題ではありますが、公式サイトを見てみると、実はVIO部分全てへの使用を推奨しているのはラヴィだけなのです。
他の商品は、ビキニラインへの使用以外は特筆していないか、デリケートゾーン周辺には推奨しないという記載があります。

LAVIE本体は見た目が脱毛器に見えないくらいスタイリッシュなだけでなく、
公式にVIO対応可との記載があるので自己責任での使用にもならないので、安全でおすすめです。

ラヴィについてもっと知りたい方はこちら

↓↓↓家庭用脱毛器 ラヴィ 公式サイト↓↓↓

VIOライン脱毛器