脱毛器VIO VIOライン

VIOライン脱毛器

脱毛器VIO VIOライン

アンダーヘア、デリケートゾーン、肛門周りの部位を、VIOまたはVIOラインという言葉でまとめて呼ぶことが近年多くなってきています。 その背景には、VIOラインの毛を処理している状態であることが、女性自身にとっても男性にとっても当たり前になりつつあるということが関係しているかもしれません。

事実、エステや脱毛をおこなうサロンやクリニックといった専門の店舗でも、VIOの脱毛についてキャンペーンが盛んにおこなわれているのです。
VIOラインのムダ毛の処理については、Vライン以外の部分を自分の目で直接見ることが難しいということもあり、エステサロンや新宿クレアクリニックなどの美容クリニックにおまかせする人も多いのですが、逆にVIOという箇所の特性上、プロとはいえ他人にさらすことに抵抗感があり、手入れをしたいのにどうしたらいいのかと悩んでいる人もまた多いです。

そんな場合に人気なのは、IPL光などの、専門施設で使われる種類と同じ光を採用した家庭用の脱毛器です。
ラヴィ、ケノン(新型ケノンCT)、トリア、センスエピなどがそれにあたります。
ちなみにトリアは光の中でも効果の高いレーザーを使用しているとのことですが、これはクリニックにおける医療レーザーとはまた別のものになります。

また、ノーノーヘアという商品名をご存知の方もいるでしょうが、これは商品のカテゴライズの関係上脱毛器と呼ばれていますが、実際はサーミコン式という方法で、毛を焼き切る方式の商品なので、光を使った脱毛器とは違い、照射を続けるほどに毛量が少なくなったり毛質が弱くなるという効果はありませんので注意してくださいね。

こういった家庭用の光脱毛器の最大のポイント・メリットは、自宅で誰に見られることもなく、自分ひとりでvio処理ができてしまうという点と、アンダーヘア処理というせまい範囲だけでなく、全身にも使用できるという機能性の高さでしょう。

家庭でムダ毛の自己処理ができる商品としては、かなりハイレベルかと思います。
使い方も簡単で、説明書をしっかり読めば間違いを起こすことはほぼないでしょう。
まず処理をしたい部分の肌を電動シェーバーでシェービングし、次に照射のレベルを選び、使っていくだけです。
照射範囲にあわせてカートリッジが選べる商品もあり、アンダーヘア用に照射面積のせまいスリムカートリッジなどと呼ばれる交換用カートリッジがセットになっていることもあります。

ちなみに事前処理にはデリケートゾーン用のシェーバーを使用するように気をつけてくださいね。
口コミではケノン、トリア、ラヴィが突出しているような印象ですが、ひとつお伝えしたいのは、公式サイトでvio自己処理に使えると明言されているのはラヴィだけです。

他の商品は、アンダーヘア部分以外への使用は薦めていないか、特段記載がありません。
つまり、その場合は、IゾーンやOゾーンへの使用は自己責任となります。
ラヴィであればその点安心ですし、LAVIE本体は脱毛器と思えないほど洗練されたデザインで、
その上エステでおこなうような顔のケアもできるのでおすすめです。

ラヴィについてもっと知りたい方はこちら

↓↓↓家庭用脱毛器 ラヴィ 公式サイト↓↓↓

VIOライン脱毛器