脱毛器VIO ケノン

VIOライン脱毛器

脱毛器VIO ケノン

アンダーヘアのことをVライン、デリケートゾーンのことをIライン、肛門の穴周りのことをOラインと呼ぶのですが、近年はこれらの総称であるVIOライン、またはVIOという言葉がよく使われるようになっています。
その理由のひとつとしては、ビキニラインだけでなくIOラインの毛を処理する女性、処理したい女性が増えているということが挙げられるのではないでしょうか。
実際、サロンやクリニックでは、VIOを一度にまとめて手入れすることを売りにしたキャンペーンやコースが提案されています。
何を勝手な、と思われるかもしれませんが、男性の意見として、VIOは処理していてほしい、Vラインは毛量が少な目で、Iライン・Oラインはツルツルにケアしていてほしいというものも多いようですよ。

最近では、フラッシュ式など専門の施設で使われるものと同じ光を用いた家庭用の脱毛器が人気で、使い続けるとだんだん毛質が弱まってくることがメリットとされています。
そのような脱毛器としては、ケノン、ラヴィ、トリアあたりの商品がよく知られているのではないでしょうか。
家庭用の脱毛器を選ぶ際には、外部サイトの効果検証記事や口コミだけでなく、公式サイトを参考にすることがとても大切です。
特にIラインOラインはデリケートですし、iラインは粘膜も近いので、自分でおこなう処理方法を選択するにあたり、公式サイトの情報を知り、説明書を熟読することが大きなポイントとなるでしょう。

商品のレビューを書く購入者の中には、残念ながら公式サイトで推奨されていない使い方をしている人もいます。
その場合は自己責任での使用となるので、もし何か肌トラブルが起きたとしても、完全に自分で対応しなければなりません。
痛みや熱感は保冷剤で都度冷却することによって軽減することができますが、説明書に書いていないやり方で照射をおこなった場合、何か間違いが起こる可能性がないとは言えません。

早く効果が出てほしいからと無暗に照射レベルを上げるのもおすすめしないですね。
部位に関係なく、脱毛処理というのは毛周期に合わせて何度も繰り返しおこなうもので、もちろん個人差はありますが、時間がかかって当たり前という認識でいたほうが賢明です。

たとえばトリアはレーザーを使用しているとありますが、公式サイトをよく読むと、それは美容クリニックで使われる医療レーザーとは別のものであることがわかります。
ケノンはおおむね評価が高いですが、IラインOラインへの使用についての記載は今のところ見受けられません。
つまり、vioラインではなくVライン用としての使用を推奨しているということです。

ちなみにこれはケノンだけでなくトリアも同じで、公式サイトでVIO照射を明確に推奨しているのはラヴィだけです。
安心してVIO処理に使え、かつ腕や足、ワキなどの全身にも使え、
エステでおこなうような美顔ケアもできるラヴィはおすすめと言ってよいでしょう。

家庭用脱毛器で一番人気の商品ケノンの公式サイトはこちら

↓↓↓ケノン公式サイト↓↓↓

ラヴィについてもっと知りたい方はこちら

↓↓↓家庭用脱毛器 ラヴィ 公式サイト↓↓↓

VIOライン脱毛器