脱毛器VIO アンダーヘア

VIOライン脱毛器

脱毛器VIO アンダーヘア

アンダーヘアの毛を処理したい、できれば将来的には自己処理の必要をなくしたい、と思った時に、選択肢として浮かぶのは脱毛専用のサロンかもしれません。 ちなみに、アンダーヘア、いわゆるVラインの処理は従来から比較的よくおこなわれてきましたが、近年はアンダーヘア、デリケートゾーン、肛門周りの部位をまとめてVIOと呼び、それらのムダ毛をケアすることが女性のエチケットとしてとらえられるようにもなってきています。

事実、VIOという呼称はエステサロンや脱毛サロン、クリニックなどの施設をこえ、広く知られるようになりつつあります。
VIOの毛を全て一度に処理していく施術をハイジニーナと呼ぶこともあり、IPL方式(IPL光)などの光を照射するタイプの永久脱毛の方法が主流となっています。

美容クリニックにおいては、より威力の強いレーザーを使った処理方法を選ぶこともできます。
しかし、そういった場所へ足を運ぶことに抵抗があったり、そもそも仕事の都合などで時間がとれないという場合もあるでしょう。
毛が生え変わる毛周期に合わせ、光の照射回数は一度でなく何度も、期間をおいておこなう必要があるので、一回通えば終わりというわけではありませんし、効率的な利用をしないと、効果の出方にも違いが出てきますからね。

そして、そんな時におすすめなのは家庭用の脱毛器です。
家庭用の脱毛器といってもあなどることなかれ、実は今ではサロンなどで使われる光と同じ種類の光を使ったタイプの脱毛器が市販されているのです。

ラヴィ、ケノン(新型ケノンCT)、ツーピーエス、レイボーテ、センスエピ、トリアなどがそれにあたります。
一般人が使用するということで出力が控えめに設定されていますが、その分効果が穏やかなので、IラインやOラインなどデリケートな部分のムダ毛処理にはぴったりでしょう。
光の照射レベルも調整できるので痛みを過度に心配することもありませんし、VIO部分だけでなく全身に使える高い機能性もあり、細かい部位に使えるよう照射面積のせまいカートリッジが付属していることもあります。

これらを使うことのポイントであり最大のメリットは、家庭で誰にも見られず自分ひとりで使用することができる上、使い続ける程に毛が薄くなっていくという、自己処理としては画期的な効果が得られることでしょう。
VIOラインという腕や足などの肌と違い、スタッフの方とはいえ人にさらすことが恥ずかしい部分を自分で手入れできるのは嬉しいですよね。
サロンなどのそれと使われる光が同じなので、使い方も同じです。

使用する前に電動シェーバーでシェービングをおこない、照射のレベルを選んで使用していきます。
ちなみに注意点として、Vラインもそうですが、特にデリケートな状態のIOラインには、デリケートゾーン用のシェーバーの使用がすすめられることが挙げられます。

また、公式サイトを見る限り、公式にVIOビキニラインへの使用が認められているのは、今のところラヴィだけです。
他の商品はビキニライン以外のデリケートゾーン周辺への使用を推奨していません。
つまり、使用するのなら自己責任になるということです。

毛量や毛質によって効果の出方には個人差がありますが、肌トラブルの危険性や使用する箇所の特性上、
安全性の確保はとても大切であり、ラヴィがおすすめと言って間違いはないと思います。

ラヴィについてもっと知りたい方はこちら

↓↓↓家庭用脱毛器 ラヴィ 公式サイト↓↓↓

VIOライン脱毛器