家庭用脱毛器 デリケートゾーン ラヴィ

VIOライン脱毛器

家庭用脱毛機が有ればご自宅でデリケートゾーン(VIO)のお手入れが可能!

スマホからの漫画閲覧は横にして見ていただくと文字が読みやすいです。

家庭用脱毛器

家庭用脱毛器

家庭用脱毛器




LA VIE(ラ・ヴィ)は、エステや美容外科と同等の効果を実現できる最新の家庭用脱毛器です。
従来のレーザー脱毛に比べて安全性が高く、医療機関でも使われているIPL脱毛方式を採用。
光を4段階に分割するクワドラプル機能、10段階のレベル調整でより高い安全性を確保しました。
美顔とデリケートゾーン・手指・顔周りの細かい部位には専用カートリッジ別途必要ですが今ならオールインワンセットがお買い得です!しかも安心の30日間返品返金保証付き!

 

 

VIOラインの脱毛までは必要でないとおっしゃる方には肌に優しいIPL光を採用したお手頃な価格の家庭用脱毛器のヒカリエピがオススメですよ!

 

家庭用脱毛器 アンダーヘア

  1. アンダーヘアのお手入れ用家庭用脱毛器の選び方
  2. アンダーヘアの処理ができる家庭用脱毛器3種類
  3. アンダーヘアの処理をサロンより家庭用脱毛器で行った方がいい理由
  4. アンダーヘアの処理に家庭用脱毛器を選ぶデメリット
  5. アンダーヘアに使用する家庭用脱毛器ならおすすめはIPL方式
  6. 家庭用脱毛器でこっそりとVIOの処理が人気

 

VIOライン脱毛器

 

アンダーヘアのお手入れ用家庭用脱毛器の選び方

アンダーヘアのお手入れはエステサロンやクリニックで脱毛をするという選択肢もありますが、場所が場所だけにできればセルフケアですませたいところです。
カミソリや毛抜き、除毛クリームなどは手軽に自己処理できていいのですが、肌にダメージを与えてしまいますので特に皮膚がデリケートな部分のアンダーヘアには用いたくありません。

 

となると、残るは家庭用脱毛器ということになります。
家庭用脱毛器はさまざまなメーカーからたくさんの種類が発売されていますので、1つに絞り込むのは至難の業です。どんなポイントを重要視して選んだらいいのでしょう。

 

家庭用脱毛器などの家電を購入するとき、ある程度値が張ることから、本体価格の安さをまずはチェックするでしょう。
しかし、長くお手入れに使用するものであることから、本体価格だけを基準にするとランニングコストがかかって、結局出費がかさむ製品を選んでしまったということになりかねません。

 

カートリッジは、寿命がくれば交換して使用するアイテムです。
どのくらいの照射回数があるのか、カートリッジ1個の価格はいくらかなども調べ、本体価格も含めて検討してみることをおすすめします。

 

意外と盲点なのが、アンダーヘアのムダ毛処理がしたくて家庭用脱毛器を購入したのに、製品によってはVIOラインに使用できないものがあることです。
アンダーヘアや顔などの皮膚がデリケートな部分は使えない家庭用脱毛器はとても多いですから、しっかり確認してから候補を絞り込みましょう。

 

照射面積も、各製品によって大きな違いがある特徴です。照射範囲が広ければ広いほどスピーディに施術が終了します。
1ショットで処理できる照射範囲が広いタイプは、背中や腹部、脚などのお手入れに適しています。
アンダーヘア用の家庭用脱毛器を見つけるなら、照射範囲が狭いものの方が使いやすいかもしれません。

 

例えば、基本セットについてくるカートリッジは照射範囲が広いもので、指などの細かい部位には専用の別売りカートリッジが発売されている家庭用脱毛器もあります。
目的に応じて、必要ならば別売のものを購入してください。

 

VIOライン脱毛器

 

▲戻る

 

アンダーヘアの処理ができる家庭用脱毛器3種類

家庭用脱毛器は自宅でいつでも好きなときにムダ毛のお手入れができますので、仕事や家事、育児、勉学などで多忙な方でも自己処理しやすくなります。
エステサロンやクリニックは予約を取り、交通費をかけて通わなければなりません。

 

とても便利な家庭用脱毛器ですが、各製品によって以外とお手入れできない部位があります。
購入する前に確認しないと、お手入れしたい部位のムダ毛に使えないなんてこともあります。
今回は、アンダーヘアに使用できる家庭用脱毛器3種類をご紹介しましょう。

 

楽天市場のホームページを見ていると、家電ランキングの第1位を何百週も獲得し続けているのがケノンです。
ケノンは、アンダーヘアのVラインのお手入れをすることができます。
IラインとOラインには用いることができませんので、注意してください。
IラインやOラインに使用できないというと顔には無理なのではないかと思いますが、眉毛のお手入れに使用することができます。
ケノンは照射範囲が家庭用脱毛器の中で最大級ですから、Vラインだけでなく全身のお手入れをしたい方におすすめです。

 

家庭用脱毛器のヒカリエピも、アンダーヘアのVラインのお手入れができます。
IラインとOラインはできませんので、それを踏まえた上で購入を検討してください。
ヒカリエピは本体価格が2万円台と他の家庭用脱毛器と比べてリーズナブルで、照射範囲も広めです。
そんなに格安な商品では脱毛できないのではと不安になりそうですが、ヒカリエピは業務用美容器のメーカーが開発をしていますので、脱毛効果は期待できるでしょう。

 

トリアは家庭用脱毛器の中で珍しい、レーザー脱毛です。
トリアも、アンダーヘアのIラインとOライン以外はお手入れできますので、Vラインの処理に使えます。
レーザー脱毛は脱毛効果が高いというメリットがありますが、施術時に強い痛みをともないます。
照射範囲が狭く直径1cmの円型をしていますが、狭くてもレーザー脱毛ができるという魅力により、多くの人から選ばれています。

 

家庭用脱毛器はどの部位のお手入れを目的に購入するか、ランニングコストがどのくらいかかるのかなどを明確にしてから購入することが重要です。
ときどき割引キャンペーンなども開催されてますから、最新情報をチェックして購入してみてはいかがでしょうか。

 

VIOライン脱毛器

 

▲戻る

 

アンダーヘアの処理をサロンより家庭用脱毛器で行った方がいい理由

アンダーヘアのムダ毛をお手入れする方法は、家庭用脱毛器などで自己処理をするか、エステサロンやクリニックでプロに任せるかの大きく2タイプに分かれます。
自己処理をするならカミソリや毛抜きなどは肌を傷つけてしまいますので、家庭用脱毛器の方がいいでしょう。
家庭用脱毛器の方がエステサロンなどを選ぶよりいい理由とは、どのようなものがあげられるでしょうか。

 

エステサロンでアンダーヘアの脱毛コースに通った人の話をうかがったのですが、紙の下着のようなものをはいて施術を受けるそうで、やはり恥ずかしかったとのことでした。
施術するスタッフさんは慣れているプロなのでしょうが、施術を受ける側はそのような状況に慣れているわけではないので、抵抗を感じるのは仕方がにことです。

 

また、人気が高いエステサロンの場合、脱毛をしたくてもなかなか予約が取れないというトラブルがあるそうです。
最初のカウンセリングの際には、どのくらいのペースで通えばいいなどと説明を受けるのですが、言われた指示を守ろうとしても予約がいっぱいで守れないのだそうです。
毛周期というムダ毛が生まれ変わるサイクルに沿って脱毛を受けなければ、施術をしても効果的に脱毛ができないので、コースの途中で通うのを断念する方も少なくありません。

 

エステサロンは通いやすいようにと駅チカに店舗を構えているところが多いのですが、都市部に集中しているため、住んでいるところによっては通えるエリア内に支店が見つからないというお悩みもありました。
せっかく脱毛に通いたくても、店舗がなければ通うことができません。
家庭用脱毛器なら、どこに住んでいる女性でもすぐにアンダーヘアの処理を始めることができます。

 

最近では減っているようですが、脱毛コースに通っていると他のコースの勧誘があり、根負けして契約してしまったという方もいます。
強引な勧誘行為は一時期大変問題になりましたので、勧誘行為が一切ないことを売りにしているサロンが多くあるほど、現在は少なくなっています。

 

家庭用脱毛器なら、これらのトラブルに悩まされることはありません。
深夜でも好きな時間帯にムダ毛の処理ができ、アンダーヘアのお手入れでも人目を気にする必要が全くありません。
総合的に考えて、アンダーヘアの処理は家庭用脱毛器がいいのではないでしょうか。

 

VIOライン脱毛器

 

▲戻る

 

アンダーヘアの処理に家庭用脱毛器を選ぶデメリット

アンダーヘアは人に見られたくない場所なので、エステサロンやクリニックなどの脱毛コースに通うより家庭用脱毛器でお手入れをすれば人目を気にする必要がありません。
家庭用脱毛器はエステサロンなどの営業時間内でなくても、いつでも都合がいい時間にお手入れをすることができます。本体を購入したら、カートリッジをときどき交換するだけでずっと使うことができます。

 

そんなメリットの多い家庭用脱毛器でも、デメリットはあります。メリットとデメリットの両方を知った上で、アンダーヘアの処理方法を選んでみてはいかがでしょうか。

 

家庭用脱毛器はエステサロンで導入している脱毛マシンと比べると照射範囲が狭いので、その分施術時間が長くかかります。
1ショットで処理できる範囲が狭いということは、照射回数を増やさなければいけないことになります。
満足できる仕上がりに達するまでの時間が長い場合は、高い出力をだせるクリニックが優位です。

 

家庭用脱毛器によっては、肌に照射面がピッタリフィットしないとボタンを押せない自動機能が搭載されているものもありますが、ないものは照射漏れをしてしまう可能性もあります。
照射漏れをしていることに気づかずアンダーヘアのお手入れを続けていれば、ムダ毛がまばらに残ってしまうことも考えられます。

 

処理したいムダ毛がアンダーヘアだけならいいのですが、せっかく家庭用脱毛器を購入したからには背中や脚、腕、腹部などの広い範囲もお手入れしたくなりませんか。
家庭用脱毛器で広い範囲を施術しようとするととても時間がかかってしまいますので、その場合はエステサロンやクリニックで全身脱毛をした方が早く完成します。

 

アンダーヘアのような人に見られたくない部分は家庭用脱毛器、腕や脚、背中などの人に見られても気にならない広範囲の部位はエステサロンやクリニックというように、わけてみてはいかがでしょう。
ムダ毛の部位によって適したお手入れの手段は違うのだと考えれば、最善の方法を効率的に選べるはずです。
今回はアンダーヘアのお手入れについてご紹介していますから、家庭用脱毛器をおすすめします。

 

VIOライン脱毛器

 

▲戻る

 

アンダーヘアに使用する家庭用脱毛器ならおすすめはIPL方式

家庭用脱毛器と一言でいっても、フラッシュ式やレーザー式などの種類が分かれています。
アンダーヘアのお手入れ用にこれから家庭用脱毛器を選ぶなら、IPL方式がおすすめです。
IPL方式とはエステサロンでも使用されている技術で、脱毛をしながら美顔効果もあるという優れモノなので、ムダ毛を処理するだけでなくお肌をキレイにしたい方に最適です。

 

IPL方式の家庭用脱毛器ではクリニックのように永久脱毛ができるわけではないものの、ほぼ永久脱毛といってもいいくらいのハイレベルな効果が魅力です。
IPL方式以外の光脱毛と比較してみると、効果を実感できるまでの期間が短いといえます。

 

IPL方式の家庭用脱毛器は出力のレベルを幅広く調整できますので、ムダ毛が生えている部位によって変えることができます。
アンダーヘアや顔などの皮膚が繊細な部位には、レベル1などの低い出力から初めてみるのがいいのではないでしょうか。
様子を見ながら調整できますので、ほぼ全身のムダ毛のお手入れが可能でしょう。

 

家庭用脱毛器はアンダーヘアの施術はできない機種が多いので、購入前に必ずお手入れできる部位を確認することが重要です。
そのときIPL方式の家庭用脱毛器ではお手入れ可能な可能性が高いので、効率的に見つけることができます。

 

IPL方式の家庭用脱毛器を使うようになれば、施術をしている部位のお肌に弾力やハリがでてきたと実感されるかもしれません。
美顔器としての効果もあるIPL方式脱毛器にすれば、美肌ケアも同時に行えます。
基本的なカートリッジとは別に、美顔器用のカートリッジを別売している機種もありますので、必要に応じて選んでみてください。

 

家庭用脱毛器は一般的に数万円するものが多いので、数百円で手に入るカミソリや毛抜きなどの方がいいと思われるかもしれません。
しかし、カミソリや毛抜きは意外と肌にダメージを与えてしまいますので、長い人生の間でこの行為を繰り返していると、黒ずみや色素沈着、埋没毛などができるリスクは高まる一方です。

 

ダメージを受けた肌のスキンケアをするとなると、それにお金と手間がかかることになります。
IPL方式ならムダ毛を処理できるだけでなく美肌効果が得られますので、自己処理をやめて家庭用脱毛器によるアンダーヘアのお手入れを始めてみてはいかがでしょうか。

 

▲戻る

 

家庭用脱毛器でこっそりとVIOの処理が人気

Vライン(ビキニライン)だけでなく、Iライン(デリケートゾーン)やOゾーン(肛門周り)の自己処理をしたい女性は増えていると思います。

 

そうすれば何の気兼ねもなく水着姿になったり、パートナーである男性にも安心して身をゆだねることができるでしょう。
それらすべて、つまりVIOを自分で処理することができたなら、アンダーヘアー、特にVライントップの形などを綺麗に整えることができたなら、エステや脱毛をおこなうサロンや、新宿クレアクリニックのような美容クリニックよりコスパも良いでしょうし、お店に出向く手間もはぶけるでしょう。

 

最近では、そういった店で使われる特殊な光であるIPL光などをもちいた家庭用脱毛器が普及しています。
ラヴィ、新型ケノンCT、レイボーテ、ツーピーエス、センスエピなどがそれにあたります。
カートリッジ交換式のものが主流ですが、カートリッジ交換ができないタイプもありますし、照射感覚も様々、卓上ミラーやVIOゾーンへの使用に適したスリムカートリッジ、美顔エステ機能が標準でついてセット価格となっているものもあり、商品によって特徴があります。

 

ちなみにプレミアムカートリッジなどといって、オプションで追加購入することができるものもあり、たとえばケノン本体価格、とわざわざ本体価格という記載があるのはそのためです。

 

使われている光が同じなだけでなく、手入れの手順もお店と同じで、デリケートゾーン周辺だけでなく全身につかうことができる商品がほとんどです。
また、照射出力は家庭で使用することを考えて抑えられた設定になっているものの、繰り返し使うことで、個人差はありますが毛量や毛質を少なく弱くしていくことが可能になります。

 

具体的な手順としては、まず特殊な光の照射(IPL光照射など)の前に、施術部の毛を電動シェーバーでシェービングする準備が必要です。
VIO部分、特にIOラインは敏感なゾーンなので、専用の商品の使用をオススメします。
たとえば、IゾーンにはIラインシェーバーを使う、といったようにです。

 

毛根部に熱のダメージを与えることで脱毛効果が発揮されるので、毛抜きなどで毛根から抜く前処理をしてはいけません。
それだけでなく、皮膚や毛穴にダメージを与えやすく、毛嚢炎などの炎症の原因にもなるので注意点となりますね。
ハサミでカットするのも悪くはないのですが、なるべく毛根までの距離が短いほうがよいので、美容クリニックなどの専門店でも電動シェーバーが使われています。

 

それが終われば、光の出力レベルを決めます。
レベル調節は、説明書をよく読み、なるべく一番低いところからスタートして段階を踏み、様子を見るのがよいでしょう。
照射後は、保冷剤で都度冷却することにより、痛みを軽減することができます。

 

vio自己処理に家庭用脱毛器を使う際にひとつ注意してほしいのは、vio処理に対応しているかどうかです。
アンダーの毛に使用可能となっていても、公式サイトを読むと、IOラインへの使用は推奨されていない場合があります。
そのケースでは、IOラインへの使用に関する安全性におけるリスクは自己責任となります。

 

▲TOPにもどる

 

ラヴィについてもっと知りたい方はこちら

↓↓↓家庭用脱毛器 ラヴィ 公式サイト↓↓↓

VIOライン脱毛器